FC2ブログ

No Foreword

馬 と 音楽 と 混沌の世界。。

           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰が言った?
いや、誰も言ってない。
だから誰も悪くない。
だが、敢えて悪者を選ぶとするならば、 
それは自分 というコトになるんだろうか。



僕はいつも 自分には全てが見えている という錯覚に陥るのだが、、
実のところ 本人はそれを錯覚と思っていない節があるようだ。
一般にコレは 傲慢と呼ばれるが
私はコレを 正当な自己評価と考える。



失敗の多くは大抵 引き際の量り損ねに起因するが
それを繰り返しても その測量術は全くもって磨かれない。
人は千差万別 人に限らず森羅万象であれば尚更。
だから。  と言ってしまうと、思考・改善の余地が無くなってしまうのはどうしたモノなのか。



-----



昨年度末は まるで6年前を彷彿とさせるような まんまの流れだった。
もう もうやらない と。
アレだけハッキリ誓ったハズだったのに。

怠惰である自覚を持ち合わせているクセして、割に合わない過剰な自信を見せる私だが
今回に関しては 珍しく 頑張った という自負があった。
それも6年前と同じ。
終わった今でも、振り返ってみて、
周りと比べて最も自分が用意周到だった という思いは強い。
その根拠は、
誰も注目していなかっただろうが、
私だけが唯一達していたある視認できる事実からも容易に推し量れる。

だが 失敗した。
派手に失敗した。
敗戦の一部始終を顧みれば
なるほど戦術のお粗末さが目につくが
実際問題、その戦術のマズさが そもそもの戦略のモロさから来ているコトは否定できない。
最初から無理だったのだ。
というのが、安易に導き出せる結論だった。

手駒には限りがある。
戦略をコレ以上洗練させられたかと問われれば、答えは否。
だが、常に虚勢を張るコトで
まるでスゴいモノであるかのように見せ振る舞うコトをアイデンティティとしてきた私は
たとえ虚構であっても 高度なモノであるかのように見せるコトが出来るハズだった。
いや、出来ると思っていた。

どうやら 私が人のせいにしたように 他人の目にはうつったらしかったが
人のせいにした自覚はありつつ、自分のせいである反省もあり
同時に、自分のせいではないという強い思いもあった。

自分のしたコトが、物凄く高度だった という自負 は 終わった今もあるが
それは 誰にも伝わらない。
でも、同じコトを他人にさせれば分かる。
なぜなら、他人には到底真似できないから。
たとえ努力を積んだとしても。
その思いが、責任の所在を曇らせる。

年度が変わった今だから敢えて言おう。

分不相応だったよ。


------


そして年度が明け
今度は15年前のループで
私はまた別の郷愁にかられる。

どれだけ経験を積んでも分からない。
分かった気になっているが、実際には分かっていない。
ただ、失敗を繰り返すのみで、前進が無い。

徒に歳を喰っただけの肉塊に
実りある選択肢は残されていない。
それは
知っていたのに 精神衛生の維持の為 知らないフリをしてきた
という いつものヤツ。

分からないから
終わったと思ったから
斬り捨てたのに

斬り捨てても 斬り捨てなくても
正解には辿りつけない。

ゴールは見えないんじゃなくて
最初から存在しないんだと
だからと言って 
自分で作る といった綺麗事ではないんだと
気付かされて
でもスタートにも戻れなくて
その場に座り込む。

そっぽ向いて 視界から消えるのを待つ。
静かな忍耐力だけが 頼みだった。 ずっと。



------



先進性が微塵も感じられないこの世界の中
斬新で先鋭的であるかのように見せる 目につく言動
しかし 同時に内在する 酷く保守的な根幹
その矛盾の中にあっては 到底達し得ないカタルシス


永遠を望む


有視界に有意義はない


生きるコトは 創造ではなく 破壊なんだ


報えない 報わない


無意味でないコトなど 一体ドコに


だからこそ僕は 全てを知り尽くしたいのに


知ってるのに 分からない


世界は 変わらない




続きを読む
テーマ:ぼそりと独り言 - ジャンル:

まぁ 書きたいコトは色々あるのだ。
色々どころか 山のようにあるのだよ。

だが 敢えて言おう

面倒臭い!
  と。 (ハムの人風)


ネタは死ぬほど溜めておるのだがね。
それを具現化する気力が無い。

気力がないのだ。

毎度 時間が無い と言いがちだが
実際、 よくよく考えてみれば 時間が無いハズはない。

要するに 気合いの問題である。
いや、優先順位の問題 と言うべきか。

なんせ
私が 操作系能力者だから 具現化できないのではないぞ。 
断じてな!
HAHAHA!



-----------------


明日は、丁度2年前のいつぞやの日の如き心境で
当時と同じく 水場に向かわねばならぬかも知れぬ。


全てはタイミングの問題か

そういう心境も。
私が長時間出ねばならぬコトも。
行き先が 水場であるコトも。



まぁ、重みは2年前程ではないがな!
HAHAHA



--------


昨日と今日(厳密にはry)
久々に 忙殺 という言葉に相応しい時間を過ごした。

その時々で
私の意識が あらゆる方向に大きく揺さぶられた感じだ。

ポジティヴな意味でも。
ネガティヴな意味でも。


まぁ たまにある変革期なんだろう とは思うが、、、

この 身動きとれない感じはなんだろうかな。

物理的な意味でも。
抽象的な意味でも。



------------


去年の夏
私は恐らく 駑馬だった。
そして 短豆を 慕ったのだろう。

それが仏の逆鱗に触れた。

というふうに 傍からは見える終焉だった。


丁度1年前の 今日と同じイベントの日に
それまで皆勤だった私が顔を出せなかったのは
まさしく桟豆をカジカジしてたから。


ホントは それで問題無かったよ。
ホントは桟豆でも良かった。
僕は高級志向じゃない。


--------


今は、草を喰っている。

実際、草は大昔からずっと喰っているワケなんだが、、
駑馬である時は その中の桟豆を見つけて喜んで喰っていたのであろうな。

体作りの為に 肉を齧ってはいるが、

私の本質は
結局 草をずっと喰い続けてたトコにある。

それが、晴耕雨読からの
出蘆のタイミングを逃し
常に天の時を得られないスパイラルを呼ぶのか。


語りながら 気付いたような

ずっと前から知ってたような


いつものヤツですね。  はいそうです。


でも僕は 鳳鄒だ。
驥足を展ぶまでには至らんのだよ。


… というのが 得意の詭弁らしい。


今の所は そうなってしまう。


それが世界なんだよ。


-------------


知らぬ間に
大分 時は流れている。
もう追いつけない彼方に居る者も多い。

あるいは 追いつけるのか

検討はつかないが。


-------------------


世界の歪みを破壊しているつもりで

人の輪 を 破壊していたのか。


地の利は あるような 無いような。


去年は 間違いなく地の利が無かったな。

春先も  か。


そうか

そういうコトか。


明確に地の利が無いと分かっている時には
当然の結末を迎える というだけの話なのか。


2年前も
良く考えれば
誰にも地の利はなかった。

相対的に見て 私に最も分があっただけの話。

絶対的見地からすれば 誰にも地の利はなかったんだな。


-----------------


どうして そうなるのか。


生物学的観点から見ても
説明はつきそうだ。


だが、

そうではないモノに依るところが大きい

と  したい。


気質。


まぁ そうだな。



人は変わっていくわ (by 浅黒い人)



そうかい そうかい



それでも 私は

永遠を 求めるがね。


-------------


本当は  私は  多分 ラッキーな部類なんだ。

あらゆるチャンスが 山のようにあった。

今も目の前にあるかも知れない。


結局

自分の歪みを破壊するのが 最も難しいのだ。


誤解を恐れずに言えば

人に影響を与えるのは 容易い。




歪みを 「矯正」 と 言わないのは

ソランのせいなんだよ。


テーマ: - ジャンル:
忙しかった


というのは いかにもありそうで 無い


そんなテンプレ言い訳



競馬の記事を準備したまま 投稿しなかったりしました。


しかし、 今はアウターネット無双の時期なので 仕方ない。


もし 私に命があれば また書き綴るコトもありましょう。。



命があれば    だよ。




まぁ 命だけあっても  


生気が無ければ 同じコト。





--------------------------------------------





世界は   私に興味がない。


でも それは

私が 世界に興味を持っていないからだ


ずっとそう思っていた。


つまり、

私が、世界に興味を持って アプローチをかければ

世界は 必ず私に振り向く


そう どこかで信じていた。



が、、

結論から言うと、

世界は 私に振り向かない

そういうふうに できている。


もちろん、 そんなコトは知ってたハズで

でも、 知らないフリをしてた

っていう いつものヤツで


もちろん、 

いつまでも 知らないフリを決め込んでいられるハズもなくて

嫌でも目の当たりにせざるを得なくなる瞬間

絶望感に満たされる。



ホントは

私は 世界に興味が無いワケではなかった。

常に 世界を振り向かせようと 必死だった。

確信は無いが、  恐らく。



人が 生きる理由、

そんなモノは 残念ながら 存在しない。


しかし、そんな不毛なコトは

考えても仕方がないから

普通は考えないのが妥当。



とは言え、 

思考の塊である私が

禅問答を回避するコトなど到底不可能。


そんな私が この世で生きていくには

私が存在しなくても成立してしまう世界 を

私が存在しなければ成立しない世界 に

造りかえるしかなかったのである。








----------





僕は 約1年前に 夢を捨てる覚悟をした。

誰よりも才能がある自信はあったのだケド。

元々保守的な気質を持つ僕にとっては

リスキーすぎる というのと

あとは まぁ

それよりなにより

夢がどうのこうの って 

言ってられない状況になったから。


必要に駆られて

夢のついでに 

僕は 自分の全てを滅殺した。



当時は それで良かった。

いや、 ホントは今でもそれでイイ。

ただ、 誰がどう見ても 健全ではなかった。


僕の心が もっと鋼鉄であれば

あるいは 自分に対してさえ 涼しい顔をしていられたのかも知れない。

しかし 僕はまだまだ修行が足りなかったらしい。


外面はいくらでも取り繕えたが

内部は取り繕えなかった。

自分に対しては 

悲劇のヒロインぶるコトで 

メンタルを保つしか手段がなかった。


実は 手元に全部残っている。

いつ ドコで 何があったか。

誰に どういう心の動きがあったか。

殆ど、目に見える形で残っている。


今 見返したとしても 

多分そこには嗚咽しかないのだが、

手元に 目に見える形で残る事実がある以上

僕は、世界人口70億人全てを

自分の味方につける自信がある。


でも 

そうしないのは

その身の振り方が 僕の根本的な気質だから であって

そうしないから

自分自身に 必要以上の負荷がかかってくる のであるね。


正解が分かっているのに 答案用紙に答えを書く術がないかのような

答えを知っているのに 知らぬ顔して躻ぶってるような

あるいは まるで 最初から 解答権がないかのような


この理不尽さを

正確に描写できる語彙は

恐らく日本語に存在しない。

世界的に見ても

そんな言語は皆無だろうと 勝手に決め込んでみる。


そうやって

外からは 誰にも見えないように

囲い込むんだ。


1年経っても

呪縛は 解けない。



でも ホントは 多分、  


自ら 解こうとしていないだけ。






-------------





1年経って

また同じ過ちを犯そうとしている



どっかで言った気がする。


状況が 酷似し過ぎていて

なんとも不思議な心持ちである。


状況が酷似しているからこそ

「前回と同じだ」 というコトに気付くコトができるワケで

本来ならば 回避も容易になるのが 普通なんだと思うが、

前回と同じであるからこそ

今度こそ 成功を掴みたい という思いが働いているのか、

ホントは サラッと回避するのが

安全かつ健全だと 分かっているにも関わらず

なかなか そうは問屋が卸さんらしい。


ただ、1年前と同じと言いながら

確実に違っている所がある。

それは 僕が置かれている 立場だ。


1年前を参考にすれば

初期段階で 最も不利益を被る役。

実際、既にたっぷり散財したし

時間もしっかり浪費した。

距離的な見方をしても

なんともまぁ 驚くほどに

1年前とすこぶる似た状況下にあって

ただ立ち位置を入れ替えただけ というのが

よく分かる。

この再現された状況の完璧さたるや 筆舌に尽くし難い。

人はコレを déjà-vu と 呼ぶのか。


既視感?

否、

ロールプレイで、全ての役柄を

順番に演じさせられようとしているようだ。


正直、 不利益は構わない。

元々、 利益に興味などない。

ただ、 謹厳実直かつ剛毅木訥な僕にとっては

解せぬコトが 只管に多すぎる。


腑に落ちない。

腑に落ちるコトなど 皆無。


この世とは そもそも 奇怪で解せぬモノである なんて

重々承知だったつもりだが

それにしても解せぬ。


一言之信 は 一体ドコに??


僕は 幸福を得たいんじゃない。

自分を 幸せだと思ったコトなどない し

幸せでありたいと思ったコトなどない。

いつか幸せになりたいとも 全く思っていない。


未来が明るい必要なんてない。

魑魅魍魎が渦巻くこの世界に

希望なんて存在しないコトぐらい

産まれた時から知っている。


ただ、 僕は

守るべき信義を

目に見えずとも そこにある真実を

一言之信を

ただそれを

信じたいだけ。


しかし それは 

やはり矛盾なのか

この世が 虚構の塊ならば、

それを最初から知っていると嘯くならば、

信義なんて 最初から存在しないハズで、

そのコトを 僕は最初から知ってるハズなのか。


コレはもはや 禅問答なんて 大それたもんじゃない。

ただ 真実が そこにあるかどうか

ただ それだけの話。





---------------




僕が 帰宅しないのは

実は 帰らない んじゃなくて 

帰れない ってコトなのかも知れなくて

その理由を説明できないのは

魂を曳かれているからなんだろうか。


そんな

思考の深みにハマる

今夏唯一の余暇になるハズだった不毛な時間


不運が重なり

負の思考が巡り重なった

史上最悪 の 盆


あるいは 盆だから 魂を曳かれるのか。


断続的に降り続く雨の理由も

分かった気がしたよ。





------------







結論 : ロマンチストは 大変ですね☆ミ





Post Scropt :  最後に特大の遺産を残してやった。  BYE BYE 清水宗治





-----------------------------------------------




以下  備忘録



↓↓↓↓↓


続きを読む
テーマ:ぼそりと独り言 - ジャンル:


さて  先週は・・・



とか色々語りたいが とにかく時間が無い。


もう出る。


前から言ってる通り、 ボランティアとか連続だから。





-------------------------------------



宝塚記念



◎ トゥザグローリー


○ エイシンフラッシュ


▲ アーネストリー


☆ フェデラリスト


△ ナカヤマナイト


△ ウインバリアシオン


△ ショウナンマイティ


△ オルフェーヴル





-------------------------




みたいな感じにしとく。









とりあえず、 予想通りの人気の並びだが



思いの外 アーネストリーが人気無い。



オルフェーヴルのこのオッズがどうか と問われたら


間違いなくおいしい。   だが、無論強調はしない



ルーラーシップ は ココは何をどうやっても絶対に勝てない


他が全部落馬とかじゃない限りはな。




ただ、 鞍上がウィリアムズて・・・・・



・・・・やめろよ・・・・



気分良く切れへんやないか。。。。










ところで



昨日、1200万馬券出たらしいが



アレ、 余裕で買えてたわ。



いや 1200万が確実に獲れてた って意味では無く  ね。




フラガラッハ とか ミッキードリーム とか


あの人気は理解できないんだし。そうなんだし。







以上




んだらば。















テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル




さて、もうずっと時間が無い。


昨日も ガイドと人生初のビアガーデンとかでな。


ゆったり思考する余裕も無いながら、函館を軽く制したワケだ。




今日から  毎週日曜日



ボランティア


ボランティア


稽古


試合


ボランティア


ボランティア




って感じで7月末まで埋まってしまったので、、、、



1か月半はゆっくりココにUPできない。



というワケだし  ま   今日の話。




書くけど  予想は全くできてない。






----------------------------------------------




マーメイドステークス


◎ マイネエポナ


○ アニメイトバイオ


▲ アグネスワルツ


☆ レジェンドブルー


△ エリンコート


△ シースナイプ


△ アカンサス


△ メルヴェイユドール


△ クリスマスキャロル


△ タイキエイワン


△ ベストクルーズ






----------------------------------



ぐらいの感じで並べるか。。。。





マイネエポナはなぜ毎度毎度人気無いのか。。。



雨は止んだのかも知れないが



さすがにこんだけ雨を吸えば、


ゼンノロブロイでもらいだろうな。




--------------------------------------





函館スプリントステークス



◎ レオンビスティー


○ エーシンリジル


▲ ロードカナロア 


☆ ドラゴンファング


☆ ブルーミンバー


△ パドトロワ


△ キングレオポルド


△ ドリームバレンチノ


★ ナイアード




------------------------------------



こんな感じにしとくわ。




コッチは さすがに堅いのか。。。



しかし 3枠あれば どこかに穴の台頭は期待できるか。。。




なんせ  チョット練ってなさすぎなんで・・・



まぁ 追記で変更も・・・  あるかも知れないな。






というコトで



今日も今日とて ボランティアです。





んだらば。









テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。