No Foreword

馬 と 音楽 と 混沌の世界。。

           

ずっと書いてませんでした。

労力が半端ないので。。


やりたい思いはあるんだが、
やりだすと止まらないしね。

楽しいケドも
面倒だし、時間が無い。


ところで
このブログの左側のプラグインにある 軸馬投票
毎度バグってて、新しいのに更新できないのが
ウザすぎて かなわんわ。 ホント マジで。




------------




というワケで

京都がキてます。


簡単に概要を報告しますと



京都金杯

ウインフルブルーム 軸 からの

副軸 エキストラエンド マイネルメリエンダ 

◎ ○ ▲

圧倒的完全的中

ココまで完璧に当たるかよ


というレベルの当たり方でした。


---


中山金杯

軸に迷った末

主軸は ロゴタイプ

そして 副軸

ラブリーデイ  ラブイズブーシェ

だったので

ヒモの デウスウルト が滑り込んで


コチラも比較的綺麗に的中。


爆穴の目も想定してましたが

全くそんなコトはなく

配当は 平凡。



ただ、 年明け一発目で

あまりに幸先が良くて 軽くビビったよね。




----------------




そして 調子に乗った 2週目


シンザン記念


あんまり覚えてないんだが

サトノフラム 辺りに本命を打ってた気がする

サトノフラム か ナヴィオン 主軸でいってたんだろう。 多分。

ただ、副軸が滑り込めなかったので、不発。


副軸 何にしてたかなぁ。。

ナヴィオン か サトノフラム の 主軸にしてない方 と

あとは 、、

ダッシングブレイズ か

レンイングランド か

ヤマニンマンドール か

ノースストーム か


… やっぱり忘れたww



---



相性がイイ フェアリーS は

2ケタ人気の

ノットフォーマル で まさかの頭獲り

コレぞ 会心


ただ、なかなか決めきれず で 獲り切れない



ノットフォーマル エヴァンジル マラケシュ カービングパス

辺り が 中心で

次点で トーセンラーク コートシャルマン テンダリーヴォイス

って感じだったかも。


当たり目は持ってたケドも


バシッと決めきれなかったトコで

完全な勝利を逃した感じ。




---------------




そして昨日


餅つきイベントを終えて 戻ったら

爆当たり


日経新春杯 は


2ケタ人気の フーラブライド 主軸

デウス フライト の アドマイヤ2頭が 副軸だったので

圧倒的完全的中


ほぼパーフェクトな結果でした。


大好きなタマモベストプレイ不発だったのが

チョット アレですが

実際 今回は人気ありすぎたので

不発で 丁度良かったでしょう。 配当的には。



---



一方 京成杯 は なんとも堅い。

前走で 主軸だったか 副軸だったかにして

儲けをもたらした ブラックバゴ

今回は 人気ありすぎたが 圏内走破


終わってみたら

は 買ってたら100%当たりだった エリカ賞の連中

ベルーフ  クルーガー


その辺 

 + 

ソールインパクト ナスノセイカン マイネルシュバリエ

コスモナインボール ブライトバローズ クラージュシチー



辺りを 中心にしてた気がする。


軽く獲ったが


結果も軽いので 


まぁ 平凡。



-------------




金杯で乾杯だったのは

去年もだったが


今年は 幸先の良さが続いてるので


このまま圧倒的大勝間違いなし

というコトに しておきたいと思う。


予想作って 情報あげるのは


やりたいんだが 面倒だし 大変だもんで


まぁ よっぽど時間があったら やる


ってコトで。



また こんな話もしていきたいと


思っておるよ。




んだらば。













テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル
途中経過とか あげようと思っておったんぢゃが、、、
結局終わってしまった。w


前回、初日の夜に57位だという報告をしましたが

寝て起きたら 100位台になってましたw


ガンガン落ちるだろうとは思ってたケドも、、、

それにしても エラいペースが速いな とw


んだもんで

コレは、200位以内とか無理なんぢゃないか と 思っていたら

そこからは案外アッサリ

一周目終了時点では 20位 になってましたww


討伐戦 一週目 終了時 20位


それでも、やっぱりまた落ちるんだろうと思ってたら

夜の時点で まだ 20台キープ

翌朝でも33位ぐらいでした。


その時点で あぁ コレはイケるのかw

と 思い直し

結局

2週目終了直前 21位

二周目も 終了時に21位



そんな2日目ぐらいから
面倒臭がって諦めてた デッキ改編も行いました。


某大型掲示板とかに

賈南風 とか 夏侯覇

欲しい って 結構書いてるの 見ましてね。


なんで あんなの欲しいんだよ

ってか  ワシ

引いたから 両方持ってるんだが www



と思って その2名を戦闘態勢にして 組み込みましたw


ボス戦 編成 改


調子に乗って 他の連中も  から 陣形に差し替えたり…

… 普段は絶対しないし、、 したくなかったんだケドなぁ。。。



ただ、 

どれが どのぐらい効果があったかは 何とも言えないモノの

最終的には 気力1 = 2400 ぐらい は出るようになりました。

下ブレあっても 2300台後半 ブレたら 2500も出ます。


なんだかんだで

やっぱり 活躍 と ステータスが 最優先だろう 

と思ってましたケドも、、

結局 攻防比が 何より重要ッポいね。。


それってどうなんだ と 私は思う所だが。。


賈南風 と 夏侯覇

素揚げ陣形持たせて 勢力補正 ってだけで

ヘタな活躍より 活躍するワケかwww

少なくとも 対ボスに関してはw


そんなこんなで 結構になったんだと思われます。

早い時期にやったから あまり実感はないケドも

元々 1800 ぐらいだったのが

2400 になってますから。

30%増し ぐらいか。


お蔭で 最終的に ダメージランクも 200位以内 入りました。

兵糧使ったのは 対 劉備 になってから。

最終周ですね。

前日夜だったか。

その時 が 丁度 150位


ダメージランキング 150位


コレは…

ギリギリ イケるんかなぁ とか思ってたら


最終的には

165位 でしたわ。

特に焦る必要なかったw


討伐 ダメージランク


ちなみに

気力10 で 26000超え までは出ました。

最大ダメージ26234



そういえば ダメージランキング入賞 は っポいですw


将軍職7つ初


お蔭様で 将軍 を 7つ保持しておりますw


もちろん ポイントランク圏内で 55位

討伐戦 最終55位


結構落ちたような。

そうでもないような。


月曜日は 一日ガイドで外に出てましたからな。

その影響もあるか。


とか何とか言っても

将軍位に関しては

10位以内に入らなければ

11位も 200位も 一緒ですから。

気持ちの問題ですわ。




ちなみに 特・ボス の 劉備さん

相当 余裕でしたww


一応、ギリギリまでズレ込むのを恐れて

手のウチにある兵糧を使ったんですが

使うまでもなかった。。。ww


月曜が 全く動けなかったんでねぇ。。

軽く焦った方がイイかと思ってたら

全くもってそんなコトは。。ww


特ボス撃破


追撃は 100% 出ましたわ。

特ボス撃破 劉備


みんな 確率はマチマチだったようなので

私は 運が良かった方なんですかね。

特ボスは 他より確率が上がってそう というのが総意ではありそうですが。



 撃破の後


は 自然回復分で殴ってました。


特 銀 削り


それで コレ↑ なんで

兵糧なしで 撃破も余裕だったようです。

まぁ 兵糧全く無しなら

ダメージランクインは無かったワケですがw


調子に乗って を真面目に撃破しにいきかけましたが、、、

自制しましたw


というワケで 最終的な ポイント

ランキングにもある通り かなりのもんでした。

最終日 特ボス殴りのお蔭で 勲功稼ぎ損ねたケドも、、

引換所で こんなにポイントあったコトは無いんぢゃなかろうか。。www



もちろん、

欲しいモノで 獲れないモノは なかったよwww



劉備漢中王移植も完了しました。

2体w



そんなこんなで


私の 報讐雪恨 という名の 復讐は 終わりました。


次は…

なかなか大変な攻略戦でございます。


特別登用 は 一体 誰さん なんだろうね。。


いわゆる 顔グラ等が イベント・ボス等として既出

比較的 雑魚扱いの武将 

あるいは 既出じゃないケド 他に良い出しどころのない

比較的 雑魚扱いの武将


その辺は 今まで通りでしょう。


その後の  武闘大会にも影響しますから

☆3時代から 蜀が壊滅的な状態の私としては

非常に重要なイベントになるよww


武闘をスルーしないなら ねw



さて

皆で ゆるりと

イベント開始を待とうかw


んだらば。





テーマ:100万人の三国志 Special - ジャンル:ゲーム
さぁ 
連投(連日投稿)なんて 何年振りwwww


というワケで

報讐雪恨

という大義名分で 曹操さんが好き放題やりなすったお話です。


基本的に 私は 張り付けるタチなので

討伐戦 は 稼げる方な気がしていますよ~ 


活躍武将の数は ほどほど ですが
魏将は それなり なので
ボチボチの編成に なってる気がしてます。

ボス戦 編成


・・・ん~~

どうなんでしょうか??

攻撃が高い方が良いケド

同時に 防御も低い方が良い と。。。




某大型掲示板にもありましたが

攻・防 が

4000-2000  4000-1000 なら

4000-1000 が 優勢


4000-2000 と 5000-2000 なら

5000-2000 が 優勢でしょう



しかし

4000-2000 と

5000-3000 なら


… どちらが優勢なんでしょうか・・・??


そこが分からんよね。。


あるいは もうその辺 検証・解明 されてるんでしょうか?
ワカンネ


なんせ そこがハッキリ分からん以上は、

手持ちからの取捨選択で
より良い編成にできる可能性が十分あるよね。

だから、
それを検証してみてもイイんぢゃが…
実際やるのは 面倒臭い というのと
与ダメージの誤差(上下のブレ)があるので
頑張ってやっても 結果 ハッキリ分かりづらい
というのがあるよね。

だから 検証はしないww



そんな私の
現状のボスダメージは

気力1 = 1800 ってトコのようです。

気力1 関羽 600pt


上にあるキャプチャーの通り

実際は もうチョット数字出ますが

ココは 
平均を取るより
下限を取る方が
良いだろう というコトで

余裕をもって 1800 というコトにしています。


それを基準にすると
単純計算で
気力10 が 18,000 というコトになりますが…

最大ダメージ 2万

実際に気力10で出る最大ダメージ

2万程度のようです。



というワケで

曹豹

曹豹  麋芳  麋竺 は

気力2 (3200キッカリ) で



対 陳登 気力4 7200

陳登  田楷  孔融 は

気力4 (7200キッカリ) で



張飛 ボス撃破

張飛  趙雲 は

気力8 (14,400)程度 で


自力にて沈めるコトができます。



関羽さんからは 
上の 最大ダメージ公開のトコにある通り
仲間の援護が必要になってきますね。。



陶謙 は

陶謙

一週目で この堅さ…

前から このぐらいでしたっけ…??ww



ただ、いつも通り
初日は 援護要請出した瞬間に殲滅してもらえるんで

一瞬で 援護www

初日は なんとでもなりますw


ホントに 援護要請かけた直後なんでねww



ただ

明日から どうなるかは

なんとも言えんですな。




とりあえず

今日は

2015 1 討伐戦 ランキング 初日 


こんなところで。



日付変わったぐらいに確認して

57位 とのコトでした。


徐々に落ちていくだろうがね。


まぁ そんなもんサ



んだらば。



テーマ:100万人の三国志 Special - ジャンル:ゲーム
さぁ、
コレを扱う記事も書いていこうかと思うんだ。
折角だから。

そして
私は 自分の放送含めて 細かいコトは包み隠さないタチなので
普通は伏せそうなところも
気にせず そのまま 載っけていくよ!!


さて
とりあえず 

年が明けて
最大の目玉は・・・

福袋でもなく

イベントでもなく

3倍 ですよね 皆さん


私は 年末年始の予定がおじゃんになってしまったコトもありまして
比較的 時間ありました。

の で

自分なりに頑張ってみました。

それが  以下の通りです。

蔡琰☆4

蒙恬☆4

李典☆4

曹洪☆4

韓当☆4

一応の完成をみたのは
この辺りまででしょうか。


ものごっつい 消費したねww

でも まぁ みんなそんなもんですよね。


私的には 十分頑張れたつもりだったんですが
上を見れば まだまだのようで

6000とか 普通に到達できるそうですね。
私 無知なんで 
今更ながらに 全部終わらせてからそれを知りましたw

私は 
良くても 5000にギリギリ届かないぐらいで全部終わってますね。。

一応
更に上を目指す やり方は なんか分かった気がします。

しかし・・・
実際 できるかどうか を 考えると・・・
消費を考えた時に YES とは言いづらいw


3ヶ月後 半年後 1年後 といったところで
余裕があれば って感じでしょうか。


なんせ 上を見出すとキリが無いので
一応 やりきった というコトにしておきます。

元々 ウチのエースは

韓遂・若

盧植☆4


この辺しかいなかったので・・・

(ワシ 仁徳なのにwwww)

だいぶ マシにはなったでしょう。


とりあえず
次回の 報讐雪恨 は なんとかなる気がしています。


月末の 蜀限定 武闘 は 相当やヴぁそうですががが。。。;;


自分は 元々 蜀党 だったんスけどね。。

どういうワケか 異常に弱いww

蜀将


☆4リリースからの流れもあって
仕方ない部分もありますが
でも やっぱ
それとは無関係に 弱いw

そして

魏 他 が 主力になり

他将

魏将


呉も 結構 やヴぁいww

呉将

呉 は 前回の武闘の時に 名将登用で無理矢理帳尻合わせましたw

だから 蜀ほど酷くないだけで

元々は 相当やヴぁいですw


今回の3倍の時に 
眠らせてる蜀将さんを
なんとかすべきだったかも知れません。
割とマジでw


そんなこんなで
魏武の強 は 
始まったケド 終わって

引換所で 頭を悩ます展開が待っているのでしたとサ。


正月軍団戦 引き換え




テーマ:100万人の三国志 Special - ジャンル:ゲーム
誰が言った?
いや、誰も言ってない。
だから誰も悪くない。
だが、敢えて悪者を選ぶとするならば、 
それは自分 というコトになるんだろうか。



僕はいつも 自分には全てが見えている という錯覚に陥るのだが、、
実のところ 本人はそれを錯覚と思っていない節があるようだ。
一般にコレは 傲慢と呼ばれるが
私はコレを 正当な自己評価と考える。



失敗の多くは大抵 引き際の量り損ねに起因するが
それを繰り返しても その測量術は全くもって磨かれない。
人は千差万別 人に限らず森羅万象であれば尚更。
だから。  と言ってしまうと、思考・改善の余地が無くなってしまうのはどうしたモノなのか。



-----



昨年度末は まるで6年前を彷彿とさせるような まんまの流れだった。
もう もうやらない と。
アレだけハッキリ誓ったハズだったのに。

怠惰である自覚を持ち合わせているクセして、割に合わない過剰な自信を見せる私だが
今回に関しては 珍しく 頑張った という自負があった。
それも6年前と同じ。
終わった今でも、振り返ってみて、
周りと比べて最も自分が用意周到だった という思いは強い。
その根拠は、
誰も注目していなかっただろうが、
私だけが唯一達していたある視認できる事実からも容易に推し量れる。

だが 失敗した。
派手に失敗した。
敗戦の一部始終を顧みれば
なるほど戦術のお粗末さが目につくが
実際問題、その戦術のマズさが そもそもの戦略のモロさから来ているコトは否定できない。
最初から無理だったのだ。
というのが、安易に導き出せる結論だった。

手駒には限りがある。
戦略をコレ以上洗練させられたかと問われれば、答えは否。
だが、常に虚勢を張るコトで
まるでスゴいモノであるかのように見せ振る舞うコトをアイデンティティとしてきた私は
たとえ虚構であっても 高度なモノであるかのように見せるコトが出来るハズだった。
いや、出来ると思っていた。

どうやら 私が人のせいにしたように 他人の目にはうつったらしかったが
人のせいにした自覚はありつつ、自分のせいである反省もあり
同時に、自分のせいではないという強い思いもあった。

自分のしたコトが、物凄く高度だった という自負 は 終わった今もあるが
それは 誰にも伝わらない。
でも、同じコトを他人にさせれば分かる。
なぜなら、他人には到底真似できないから。
たとえ努力を積んだとしても。
その思いが、責任の所在を曇らせる。

年度が変わった今だから敢えて言おう。

分不相応だったよ。


------


そして年度が明け
今度は15年前のループで
私はまた別の郷愁にかられる。

どれだけ経験を積んでも分からない。
分かった気になっているが、実際には分かっていない。
ただ、失敗を繰り返すのみで、前進が無い。

徒に歳を喰っただけの肉塊に
実りある選択肢は残されていない。
それは
知っていたのに 精神衛生の維持の為 知らないフリをしてきた
という いつものヤツ。

分からないから
終わったと思ったから
斬り捨てたのに

斬り捨てても 斬り捨てなくても
正解には辿りつけない。

ゴールは見えないんじゃなくて
最初から存在しないんだと
だからと言って 
自分で作る といった綺麗事ではないんだと
気付かされて
でもスタートにも戻れなくて
その場に座り込む。

そっぽ向いて 視界から消えるのを待つ。
静かな忍耐力だけが 頼みだった。 ずっと。



------



先進性が微塵も感じられないこの世界の中
斬新で先鋭的であるかのように見せる 目につく言動
しかし 同時に内在する 酷く保守的な根幹
その矛盾の中にあっては 到底達し得ないカタルシス


永遠を望む


有視界に有意義はない


生きるコトは 創造ではなく 破壊なんだ


報えない 報わない


無意味でないコトなど 一体ドコに


だからこそ僕は 全てを知り尽くしたいのに


知ってるのに 分からない


世界は 変わらない




続きを読む
テーマ:ぼそりと独り言 - ジャンル: