No Foreword

馬 と 音楽 と 混沌の世界。。

           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰が言った?
いや、誰も言ってない。
だから誰も悪くない。
だが、敢えて悪者を選ぶとするならば、 
それは自分 というコトになるんだろうか。



僕はいつも 自分には全てが見えている という錯覚に陥るのだが、、
実のところ 本人はそれを錯覚と思っていない節があるようだ。
一般にコレは 傲慢と呼ばれるが
私はコレを 正当な自己評価と考える。



失敗の多くは大抵 引き際の量り損ねに起因するが
それを繰り返しても その測量術は全くもって磨かれない。
人は千差万別 人に限らず森羅万象であれば尚更。
だから。  と言ってしまうと、思考・改善の余地が無くなってしまうのはどうしたモノなのか。



-----



昨年度末は まるで6年前を彷彿とさせるような まんまの流れだった。
もう もうやらない と。
アレだけハッキリ誓ったハズだったのに。

怠惰である自覚を持ち合わせているクセして、割に合わない過剰な自信を見せる私だが
今回に関しては 珍しく 頑張った という自負があった。
それも6年前と同じ。
終わった今でも、振り返ってみて、
周りと比べて最も自分が用意周到だった という思いは強い。
その根拠は、
誰も注目していなかっただろうが、
私だけが唯一達していたある視認できる事実からも容易に推し量れる。

だが 失敗した。
派手に失敗した。
敗戦の一部始終を顧みれば
なるほど戦術のお粗末さが目につくが
実際問題、その戦術のマズさが そもそもの戦略のモロさから来ているコトは否定できない。
最初から無理だったのだ。
というのが、安易に導き出せる結論だった。

手駒には限りがある。
戦略をコレ以上洗練させられたかと問われれば、答えは否。
だが、常に虚勢を張るコトで
まるでスゴいモノであるかのように見せ振る舞うコトをアイデンティティとしてきた私は
たとえ虚構であっても 高度なモノであるかのように見せるコトが出来るハズだった。
いや、出来ると思っていた。

どうやら 私が人のせいにしたように 他人の目にはうつったらしかったが
人のせいにした自覚はありつつ、自分のせいである反省もあり
同時に、自分のせいではないという強い思いもあった。

自分のしたコトが、物凄く高度だった という自負 は 終わった今もあるが
それは 誰にも伝わらない。
でも、同じコトを他人にさせれば分かる。
なぜなら、他人には到底真似できないから。
たとえ努力を積んだとしても。
その思いが、責任の所在を曇らせる。

年度が変わった今だから敢えて言おう。

分不相応だったよ。


------


そして年度が明け
今度は15年前のループで
私はまた別の郷愁にかられる。

どれだけ経験を積んでも分からない。
分かった気になっているが、実際には分かっていない。
ただ、失敗を繰り返すのみで、前進が無い。

徒に歳を喰っただけの肉塊に
実りある選択肢は残されていない。
それは
知っていたのに 精神衛生の維持の為 知らないフリをしてきた
という いつものヤツ。

分からないから
終わったと思ったから
斬り捨てたのに

斬り捨てても 斬り捨てなくても
正解には辿りつけない。

ゴールは見えないんじゃなくて
最初から存在しないんだと
だからと言って 
自分で作る といった綺麗事ではないんだと
気付かされて
でもスタートにも戻れなくて
その場に座り込む。

そっぽ向いて 視界から消えるのを待つ。
静かな忍耐力だけが 頼みだった。 ずっと。



------



先進性が微塵も感じられないこの世界の中
斬新で先鋭的であるかのように見せる 目につく言動
しかし 同時に内在する 酷く保守的な根幹
その矛盾の中にあっては 到底達し得ないカタルシス


永遠を望む


有視界に有意義はない


生きるコトは 創造ではなく 破壊なんだ


報えない 報わない


無意味でないコトなど 一体ドコに


だからこそ僕は 全てを知り尽くしたいのに


知ってるのに 分からない


世界は 変わらない




続きを読む
テーマ:ぼそりと独り言 - ジャンル:

まぁ 書きたいコトは色々あるのだ。
色々どころか 山のようにあるのだよ。

だが 敢えて言おう

面倒臭い!
  と。 (ハムの人風)


ネタは死ぬほど溜めておるのだがね。
それを具現化する気力が無い。

気力がないのだ。

毎度 時間が無い と言いがちだが
実際、 よくよく考えてみれば 時間が無いハズはない。

要するに 気合いの問題である。
いや、優先順位の問題 と言うべきか。

なんせ
私が 操作系能力者だから 具現化できないのではないぞ。 
断じてな!
HAHAHA!



-----------------


明日は、丁度2年前のいつぞやの日の如き心境で
当時と同じく 水場に向かわねばならぬかも知れぬ。


全てはタイミングの問題か

そういう心境も。
私が長時間出ねばならぬコトも。
行き先が 水場であるコトも。



まぁ、重みは2年前程ではないがな!
HAHAHA



--------


昨日と今日(厳密にはry)
久々に 忙殺 という言葉に相応しい時間を過ごした。

その時々で
私の意識が あらゆる方向に大きく揺さぶられた感じだ。

ポジティヴな意味でも。
ネガティヴな意味でも。


まぁ たまにある変革期なんだろう とは思うが、、、

この 身動きとれない感じはなんだろうかな。

物理的な意味でも。
抽象的な意味でも。



------------


去年の夏
私は恐らく 駑馬だった。
そして 短豆を 慕ったのだろう。

それが仏の逆鱗に触れた。

というふうに 傍からは見える終焉だった。


丁度1年前の 今日と同じイベントの日に
それまで皆勤だった私が顔を出せなかったのは
まさしく桟豆をカジカジしてたから。


ホントは それで問題無かったよ。
ホントは桟豆でも良かった。
僕は高級志向じゃない。


--------


今は、草を喰っている。

実際、草は大昔からずっと喰っているワケなんだが、、
駑馬である時は その中の桟豆を見つけて喜んで喰っていたのであろうな。

体作りの為に 肉を齧ってはいるが、

私の本質は
結局 草をずっと喰い続けてたトコにある。

それが、晴耕雨読からの
出蘆のタイミングを逃し
常に天の時を得られないスパイラルを呼ぶのか。


語りながら 気付いたような

ずっと前から知ってたような


いつものヤツですね。  はいそうです。


でも僕は 鳳鄒だ。
驥足を展ぶまでには至らんのだよ。


… というのが 得意の詭弁らしい。


今の所は そうなってしまう。


それが世界なんだよ。


-------------


知らぬ間に
大分 時は流れている。
もう追いつけない彼方に居る者も多い。

あるいは 追いつけるのか

検討はつかないが。


-------------------


世界の歪みを破壊しているつもりで

人の輪 を 破壊していたのか。


地の利は あるような 無いような。


去年は 間違いなく地の利が無かったな。

春先も  か。


そうか

そういうコトか。


明確に地の利が無いと分かっている時には
当然の結末を迎える というだけの話なのか。


2年前も
良く考えれば
誰にも地の利はなかった。

相対的に見て 私に最も分があっただけの話。

絶対的見地からすれば 誰にも地の利はなかったんだな。


-----------------


どうして そうなるのか。


生物学的観点から見ても
説明はつきそうだ。


だが、

そうではないモノに依るところが大きい

と  したい。


気質。


まぁ そうだな。



人は変わっていくわ (by 浅黒い人)



そうかい そうかい



それでも 私は

永遠を 求めるがね。


-------------


本当は  私は  多分 ラッキーな部類なんだ。

あらゆるチャンスが 山のようにあった。

今も目の前にあるかも知れない。


結局

自分の歪みを破壊するのが 最も難しいのだ。


誤解を恐れずに言えば

人に影響を与えるのは 容易い。




歪みを 「矯正」 と 言わないのは

ソランのせいなんだよ。


テーマ: - ジャンル:
忙しかった


というのは いかにもありそうで 無い


そんなテンプレ言い訳



競馬の記事を準備したまま 投稿しなかったりしました。


しかし、 今はアウターネット無双の時期なので 仕方ない。


もし 私に命があれば また書き綴るコトもありましょう。。



命があれば    だよ。




まぁ 命だけあっても  


生気が無ければ 同じコト。





--------------------------------------------





世界は   私に興味がない。


でも それは

私が 世界に興味を持っていないからだ


ずっとそう思っていた。


つまり、

私が、世界に興味を持って アプローチをかければ

世界は 必ず私に振り向く


そう どこかで信じていた。



が、、

結論から言うと、

世界は 私に振り向かない

そういうふうに できている。


もちろん、 そんなコトは知ってたハズで

でも、 知らないフリをしてた

っていう いつものヤツで


もちろん、 

いつまでも 知らないフリを決め込んでいられるハズもなくて

嫌でも目の当たりにせざるを得なくなる瞬間

絶望感に満たされる。



ホントは

私は 世界に興味が無いワケではなかった。

常に 世界を振り向かせようと 必死だった。

確信は無いが、  恐らく。



人が 生きる理由、

そんなモノは 残念ながら 存在しない。


しかし、そんな不毛なコトは

考えても仕方がないから

普通は考えないのが妥当。



とは言え、 

思考の塊である私が

禅問答を回避するコトなど到底不可能。


そんな私が この世で生きていくには

私が存在しなくても成立してしまう世界 を

私が存在しなければ成立しない世界 に

造りかえるしかなかったのである。








----------





僕は 約1年前に 夢を捨てる覚悟をした。

誰よりも才能がある自信はあったのだケド。

元々保守的な気質を持つ僕にとっては

リスキーすぎる というのと

あとは まぁ

それよりなにより

夢がどうのこうの って 

言ってられない状況になったから。


必要に駆られて

夢のついでに 

僕は 自分の全てを滅殺した。



当時は それで良かった。

いや、 ホントは今でもそれでイイ。

ただ、 誰がどう見ても 健全ではなかった。


僕の心が もっと鋼鉄であれば

あるいは 自分に対してさえ 涼しい顔をしていられたのかも知れない。

しかし 僕はまだまだ修行が足りなかったらしい。


外面はいくらでも取り繕えたが

内部は取り繕えなかった。

自分に対しては 

悲劇のヒロインぶるコトで 

メンタルを保つしか手段がなかった。


実は 手元に全部残っている。

いつ ドコで 何があったか。

誰に どういう心の動きがあったか。

殆ど、目に見える形で残っている。


今 見返したとしても 

多分そこには嗚咽しかないのだが、

手元に 目に見える形で残る事実がある以上

僕は、世界人口70億人全てを

自分の味方につける自信がある。


でも 

そうしないのは

その身の振り方が 僕の根本的な気質だから であって

そうしないから

自分自身に 必要以上の負荷がかかってくる のであるね。


正解が分かっているのに 答案用紙に答えを書く術がないかのような

答えを知っているのに 知らぬ顔して躻ぶってるような

あるいは まるで 最初から 解答権がないかのような


この理不尽さを

正確に描写できる語彙は

恐らく日本語に存在しない。

世界的に見ても

そんな言語は皆無だろうと 勝手に決め込んでみる。


そうやって

外からは 誰にも見えないように

囲い込むんだ。


1年経っても

呪縛は 解けない。



でも ホントは 多分、  


自ら 解こうとしていないだけ。






-------------





1年経って

また同じ過ちを犯そうとしている



どっかで言った気がする。


状況が 酷似し過ぎていて

なんとも不思議な心持ちである。


状況が酷似しているからこそ

「前回と同じだ」 というコトに気付くコトができるワケで

本来ならば 回避も容易になるのが 普通なんだと思うが、

前回と同じであるからこそ

今度こそ 成功を掴みたい という思いが働いているのか、

ホントは サラッと回避するのが

安全かつ健全だと 分かっているにも関わらず

なかなか そうは問屋が卸さんらしい。


ただ、1年前と同じと言いながら

確実に違っている所がある。

それは 僕が置かれている 立場だ。


1年前を参考にすれば

初期段階で 最も不利益を被る役。

実際、既にたっぷり散財したし

時間もしっかり浪費した。

距離的な見方をしても

なんともまぁ 驚くほどに

1年前とすこぶる似た状況下にあって

ただ立ち位置を入れ替えただけ というのが

よく分かる。

この再現された状況の完璧さたるや 筆舌に尽くし難い。

人はコレを déjà-vu と 呼ぶのか。


既視感?

否、

ロールプレイで、全ての役柄を

順番に演じさせられようとしているようだ。


正直、 不利益は構わない。

元々、 利益に興味などない。

ただ、 謹厳実直かつ剛毅木訥な僕にとっては

解せぬコトが 只管に多すぎる。


腑に落ちない。

腑に落ちるコトなど 皆無。


この世とは そもそも 奇怪で解せぬモノである なんて

重々承知だったつもりだが

それにしても解せぬ。


一言之信 は 一体ドコに??


僕は 幸福を得たいんじゃない。

自分を 幸せだと思ったコトなどない し

幸せでありたいと思ったコトなどない。

いつか幸せになりたいとも 全く思っていない。


未来が明るい必要なんてない。

魑魅魍魎が渦巻くこの世界に

希望なんて存在しないコトぐらい

産まれた時から知っている。


ただ、 僕は

守るべき信義を

目に見えずとも そこにある真実を

一言之信を

ただそれを

信じたいだけ。


しかし それは 

やはり矛盾なのか

この世が 虚構の塊ならば、

それを最初から知っていると嘯くならば、

信義なんて 最初から存在しないハズで、

そのコトを 僕は最初から知ってるハズなのか。


コレはもはや 禅問答なんて 大それたもんじゃない。

ただ 真実が そこにあるかどうか

ただ それだけの話。





---------------




僕が 帰宅しないのは

実は 帰らない んじゃなくて 

帰れない ってコトなのかも知れなくて

その理由を説明できないのは

魂を曳かれているからなんだろうか。


そんな

思考の深みにハマる

今夏唯一の余暇になるハズだった不毛な時間


不運が重なり

負の思考が巡り重なった

史上最悪 の 盆


あるいは 盆だから 魂を曳かれるのか。


断続的に降り続く雨の理由も

分かった気がしたよ。





------------







結論 : ロマンチストは 大変ですね☆ミ





Post Scropt :  最後に特大の遺産を残してやった。  BYE BYE 清水宗治





-----------------------------------------------




以下  備忘録



↓↓↓↓↓


続きを読む
テーマ:ぼそりと独り言 - ジャンル:


そろそろ 今回の地震に関連して 起こるあらゆる事象に対して…

怒りが収まらなくなってきたぞwww 


ゴルァwww  

ナベツネ ごるぁぁwwww




なんていうかねぇ…

おかしいよ日本。。。



みんな どうしたいの?



地震で無茶苦茶だ~  って

日本全体で 粛々と沈んで生きていきたいの?



全然生産的ぢゃないんだよ。



色んなモノが破壊されたんだろ?


ぢゃあ、 それを取り戻す為に

我々は みんな  生産的に生きていくべきなのでは?


物理的な意味でも、 精神的な意味でも。




それが さぁ・・・

何??   今のこの現状。。


地震喰らった勢いそのままに、

物理的にも 精神的にも 

沈んでいきたいのか??



もちろん、 問題は まだ何も解決してないが


現状、大多数のスグに何も出来ない人達は、

募金物資の支援ぐらいしか出来ないからって

それだけやって

あとは静かに悲しんでおくのが 正しい生き方なのか??



とりあえず、

「自粛」するだとか何だとか言ってる連中、


『自粛』の意味を説明しろ。


お前ら どうしたいねん。




コレは、 

結構… 

日本人の Nationality に大きく影響されている部分なのかも知れないが、、


こういう時、 特に娯楽的な行為等に対して

それを良しとしない雰囲気 というのは、、、


一体 何なんだろうか。。。。。



「自粛」というのは 

まさに その空気から生まれてくるモノなんだろうが、、、



それ、 何か 意味あんの???



地震で ツラい思いをした人達がいるから

周りの人達も 遠くにいる人達も

とりあえず、 同じようにツラい雰囲気出しとくの??




仕事でも 娯楽でも  ガンガン自粛して

・・・で、  何するの??


家で 地震の報道でも 見とくの??

座禅でも組んどくの??



そこに どんな意味があるの??

そこから 何が生まれるの??




自粛 から  何が生まれるのか
説明できる人がいるなら  是非聞きたいね。




今  例えば 誰かが何か娯楽的な行為傾倒したとして

「こんな時に・・・」

と、非難される謂れ(いわれ)は?



後ろめたい気分に ならざるを得なくしてるのは…

何???



コレはね、、、

本当に 良くない。。



地震と 直接関係あるコトって、、、

本来は ホントに少ないハズなんだよねぇ。。。




地震と直接関係無い物事なら、

それは 地震とは極力切り離して考えるのが、

正しいと思う。




なんでかって 

そりゃ 実際関係ないんだもの。



なんでも、そう。




たとえば今回、 

春の選抜高校野球が できる方向で決定したみたいだケド、


それで イイんだよ。


出来るんなら やった方がイイ。



批判的な意見も 見たケド・・・



批判してる人はさぁ・・・

どうしたいの???

どうして欲しいの??



「こんな時に・・・」 どうしたいの??

「それどころぢゃない」 ・・・なら どうしたらイイの??


ただ、「自粛」とか言う謎発言で 

取りやめたって 何にもならないんだよ。



例えば 選抜中止したとして


それで、

誰が喜ぶの??

行方不明の人 見つかるの??

死んだ人 蘇るの??

潰れた家 元に戻るの??

被災地の支援になるの??

被災者の心の支えになるの??




「こんな時に」 って言って

「自粛」して

何が生まれるのか  



「自粛」する 生産的な理由があるなら

万人が納得できるように 説明してみろよ

と。



幸運にも 被害に遭ってないなら

被害に遭ってないなりに 生きてればイイんだよ。


被災者の気持ちに寄り添ったつもりになって

粛々と日々を過ごしたって

それ自体は 何も生まない。


それで 

被災地が 被災者が 救われるコトなんて

絶対にない。



むしろ、 その連鎖が続けば

この悪い流れ  悪い空気

日本が 停止する。



そうなれば、 

経済停滞するし、

気持ち落ちたままで、


被災地だけぢゃなく、日本全体

もっと言えば世界

進まなくなる。



より生産的に生きていかなければいけない この時

その流れを生み出す意味は??




別に、被災地ぢゃない場所

被災地ぢゃないなりに生きているコト

何も 悪いコトぢゃない。



「人がたくさん死んでるのに・・・」  ・・・何??


人は 毎日のように たくさん死んでるんだよ。


苦しい思いをしている人達は 

今 この瞬間の被災地だけぢゃなくても

たくさんいるんだよ。




「人がたくさん死んでるのに・・・」

「まだ見つかってない人もたくさんいるのに・・・」



ってんなら


毎日のように 人が死んでるハズの この世で

そう言う貴方は 毎日喪中。


永遠に 喪中。


自分以外の あらゆる不幸な存在に対して

永遠に 哀悼の意を表し続け

あらゆる行為を 「自粛」し続けていく
のが 本来ではないのか??


頭丸めて 出家しろ。



こういう分かりやすい時だけ、 

知ったように 「こんな時に・・・」


とか 言ってんぢゃねぇよ!




被災地以外が 被災地でないなりに 生きていくコトで

結果的には それが被災地のためになる。




なぜなら それが 自然的で 生産的だから。



支援したいなら  出来る支援をしたらイイんだよ。



「悲しく思っています」 なんて

言っても 仕方ない。  

そこからは何も生まれない。


「自粛」で その意を表しても 何も意味は無い。

そこからは何も生まれないんだ。



それを  分かってない奴が 多すぎる。



日本全体で 悲しみを分かち合おうとしても

な~~~~んも 意味はない。



なんで 分からないんだ。




悲しいのなんて  全ての人間が 分かってるんだよ。


粛々としているのが 美しいんぢゃないんだよ!! 日本人!!




だから  選抜高校野球は イイ決断を下してくれて 良かったぜ!




・・・ だ が 、、、、




だがしかし プロ野球!!!!! (セ・リーグ)


お前は違う!!!!



お前らには、 どう考えても


開催すべきでない「明確な理由」が あったハズだ。。



それを、一蹴して・・・  アッサリ開幕などと・・・


「批判を受けて当然だと思ってる」  だと・・・?!?!



貴様ら・・・・・・

・・・こういうゴミ共は 死んでも分からんのだろうなぁ。。。



みんなが、節電に努めて 

生活水準を落として生きているというのに、、、



まさか 本気で、、、

全力ナイタ― やるつもり とはな。。。



さすがに コレには驚いたぜ。。。



文科省まで 自重しろ ってな お達し 出してるし、、、


パ・リーグ は 開幕遅らせて


選手会からも 開幕延期を申し出されているというのに。。。




コレは、 許せんぜ。。。。。



「被災者を勇気づける」だと?????

自惚れんぢゃねぇよ!! ks共が!!



野球見るだけで生きていけるなら

どれだけ 楽な人生か。



極限状態で、 野球もクソも あるワケないやろが!



それを分かった上で プロ野球をやるコト自体は全く問題ないが、


今回は、 明らかに

異常に電力を消費する ナイタ―


不適!!!!!



コレだけ明確な 自粛すべき理由がありながら・・・



ぬぅ・・・・・・・・


ks過ぎる。。。


何度言っても 足りない。。。

ks過ぎる。。。







幸運にも 被害に遭わなかった全ての人は


被害に遭わなかった幸運に乗じて


真っすぐに生きればイイ。





そして、 もし、


被災者・被災地への思いがあるなら


抱いた悲しい思いがあるなら


本当に 今 必要なモノは何か


自分が出来るコトは何か を


よく考え よく調べ


支援すればイイ。




それだけのコト。



それだけしか出来ないんだよ。



だが、 それこそが 最上級の支援。




失ったモノは 取り戻せないのだから


みんなで 新しく 生み出すしかない。




生産的に生きるコトが肝要。




悲しいケド 僕は生きてるよ。



生きてるコトが悲しいケド 僕は生きてるよ。





テーマ:東北関東大震災 - ジャンル:ブログ


さて…


地震の直接的被害は ありませんが、、、、、

間接的には もの凄い 影響を受けています。。。



地震についても

地震の影響を受けて起こるあらゆる事象についても

メディア   その他諸々のコトに関しても…


色々と ブチ撒けたいコトが あったんですが

面倒なので もうイイです。



また 機会があれば。





もはや、テンプレートみたいになってるセリフだが


もう 萎えるコトしかねぇな。。。


萎える事象が 連続して起こっとるわ。


ホント それしかない。。





ってコトで、

なんか分からないケド、

ここ最近、 急に

英語脳を猛烈に鍛える行動を 勝手にとるようになりました。





英語ニュース垂れ流して、

何か作業しながらでも 聞き続けて

そりゃあもう、頭がクラクラしてくる程です。



Al Jazeera は 垂れ流せなくて


Reuiter は フランスだしなぁ・・・  っていう偏見理由で。


BBC は ムカつく。  色んな意味で。



というコトで


Voice of America の 垂れ流しが 多いです。



ってな。





日本の地震も しっかり報道されておりましたよ。



今聞いたら 原発についても 何か言っとる。



んまぁ  そらそうだわな。





聞いてみたい人は 


リンク貼ったから飛んでみるよろし。







というワケで 


ホントは


海外サーバー の オンげー について


語ろうかと 思ってたんだが…





次の 記事にでもするかな。。。






んだらば。







テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。