FC2ブログ

No Foreword

馬 と 音楽 と 混沌の世界。。

           



吐きそうだった。

悲しみなのか 怒りなのか 
何なのか 分からない。
出所も 分からない。 

しかし、涙は出なかった。
もう全部枯れてしまっていたから。


ただ
もし、本当に全部枯れてしまっていたのだとしたら…
吐けるものすら残っていなかったハズなワケで

いくら吐きそうでも 実際に吐いてしまう心配は無いんだな。



-------------------------------



怒りのようなモノと 悲しみのようなモノにまみれながら
思ったコトは

総じて言うならば 1つ


世界は なぜこうも変わらないのか。


何も 誰も 
一切好転する様子を見せない。



----------------------------------


元々、信用なんてしてなかった。
だから、既に涙は枯れていたんだ。
全て、枯れていたんだ。


そう。
そもそも
感情自体が死滅していた。


ただ、
どうやら
魂は 生きていた

だから 何かしらを感じるコトはできたんだな。



涼しい顔をした裏切り。

あの時は ソワソワ というか ザワザワ は
やっぱり正解だったんだ。




無自覚の大罪が どんどん増えていく。


あれから1年が経った。


永遠に消えない 深い心の傷は
いつ見ても そこにある。



安心してくれ

君等が育てたトラウマ達は

順調に育っている。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://slimbenachour.blog130.fc2.com/tb.php/248-e612b46f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック